天井の徘徊防止対策

リチャードソンジリスは、樹上性のリスと違って、上下運動が苦手。
ケージの天井にぶらさがったりすると、落ちることもあったりして、怪我の原因になってしまうことも。

本当は、アクリルのケージを特注し、エアコンで温度管理するのがベストですが、我が家はケージで飼っているのでそれなりの対策が大事。いずれにしても、エアコンは必須です。

桃太郎のケージの天井にとりつけていた塩ビ板がボロボロで汚くなってきたので、先月張り替えました。何の変哲もない内容ですが、こんな感じで張替えしてます001.gif

まず、天井の大きさに合うサイズの塩ビ板をホームセンターにて購入しました。
b0138734_13455872.jpg


次にものさしとマジック用意します。
b0138734_13461062.jpg


ケージの外側の棒の中に収まるように線をひきます。
数mmの世界ですが、ここはきちんとしとかないと、はみ出したりすると危ないですし、粗を見つけられて、ボロボロにされますよ(笑)

できたら、線の上を切ります。
b0138734_13462496.jpg


角は危ないので、丸く切ります。
b0138734_13463395.jpg


穴あけパンチと結束バンド用意します。
穴あけパンチは、後で使いにくくなる可能性もある(固いものに穴をあけるのでダメになっちゃうこともある)ので、最悪壊れてもいい覚悟?を(^^;)
b0138734_13464450.jpg


だいたいの穴あけの位置をマジックで記入。
b0138734_13465690.jpg


穴をあけたら、外側のビニールをとります。
b0138734_1425670.jpg


結束バンドを固定します。この時、塩ビ板はケージの内側になるように。
この時はまだゆるめにとめておく程度。
結束バンドのポッチは、外側になるようにしてます^^
b0138734_1347639.jpg


全部軽くしめてから、順番にきつくしめていきます。
対角線上に締めるとずれにくいです。
b0138734_13471733.jpg


完成です。
b0138734_1402563.jpg


あと、このケージは、間が広い箇所があり、危ないのでふさいでいます。
また、天井の頭突き対策にかじり木コーンは有効です♪
b0138734_13473283.jpg


しじみのケージも直さないとね。
なんといっても、しじみは塩ビ板の端を破壊して、その上を徘徊したので、たわんでいます008.gif
[PR]

by sunny-sunnys | 2012-07-04 14:09 | 飼育環境のこと(桃太郎しじみ)