リチャードソンジリスにハウスを教える

昨日ケージの話の中に、できれば前面に扉があった方がよいと書きました。
全面扉のメリットとしては、人間に上から接近されるより、正面からの方が怖くないかも?ってことと、自分で出入りできるってことがあります。

↓昔の写真。子供が小さいので桃太郎が大きく見えます(^^;)
b0138734_1710469.jpg


桃太郎は、部屋に出して遊んでいても、トイレをする時は必ずケージに戻っていました。
トイレも個体差があり、性格(?)による差があります。

また、小さい頃に「ハウス」を教えたら、「ハウス」の声掛けでケージに戻ってくれました。
急いで出かける必要がある時、来客があった時などには大変助かりました。

毎日毎日やっていれば、覚えてくれると思います。
「ハウス」の声が聞こえて、ケージに戻ったらおやつがもらえると学習してくれるようです。
ケージに戻らなきゃというよりは、「おやつくれ~」とまっしぐらにケージに戻っています(笑)

ただ、呼んだら人間に寄ってきたりするくらい慣れていないと厳しいかも?

我が家で使っていたおやつのタブレット。容量は守ってくださいね。
小さいサイズのケースがおすすめ。シャカシャカ音もリチャにとってはよく聞こえるようです。



特に教える必要はないですが、呼んだら来るから始めてはいかかでしょうか?
始めは狭い範囲からがいいと思います。
無理矢理すると怖がらせたりして信頼関係が崩れちゃいますので、無理されないようにしてください。
よかったら試してみて下さいね。
[PR]

by sunny-sunnys | 2016-02-19 17:15 | リス飼育参考